百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

陽気に誘われて一っ跳びに春

春でしたね~、今日は。

一足飛びに春になってしまいました。

春は霞がかかりやすく、朝は富士山が見えていても、

昼近くになると頭だけちょこっと見えるだけです。

伊豆半島もぼんやりとしていてよく見えませんでした。

この陽気ではつい外に出たくなります。

犬をお供にいつものご近所散策です。

e0288951_2114352.jpg


e0288951_21185132.jpg
菜の花は満開、桃の花でしょうか、こちらもほぼ満開でした。

つい先日まで真冬のような厳しい寒さのなかでも、

草花はちゃ~んとわかっていて用意万端。

植物を心から尊敬してしまいます。

植物のセンサーってすごいなあといつも感心しています。

私も自分のセンサーに少し磨きをかけるようにしましょう。


冬の間も母がいる部屋は暖かくて汗をかくくらいにしてあります。

母が「背中が痒い」と何度も言うのですが、背中を見てもまだ何ともありません。

「大丈夫よ」などと言いながら、母の背中を軽くさすっておくだけです。

そのあと背中のことは放っておいたら、ある日突然背中が赤く腫れていました。

あせものような感じで赤くなりましたよ・・・

すぐに治っ他ので良かったですが、

何かの症状が出るまでそれに気が付かないなんて・・・・気を付けなくては・・・

母はちゃんと言葉で伝えていたのに・・

母の身体のセンサーは、まだ働いています~



Commented by mtake-0618 at 2013-03-07 07:15
自然のセンサーって本当にすごくて、感動します。
お庭の土の中でも春の準備が始まっているんですね。
枯れたかと思っていた、宿根草や山野草などが芽をのぞかせています。
こぼれ種の千鳥草やオルレアなどがいつの間にか大きくしっかり根を張っています。
寒い寒いと人間が室内で小さくなっている間に・・・。
これから3月、4月はそれらのドラマを楽しませてくれますね。

お母様のお世話、あまりご自分を責めないでください。
きめ細かい、優しい介護のお気持ちは私にまで伝わってきます。
良い一日でありますよう!
Commented by gutsuri at 2013-03-07 19:48
ミーマさん、こんばんは。
春のドラマですか、素敵ですね。
冬の間冬眠していた植物たちもそろそろ顔を出してくれそうです。毎日小さな発見に嬉しくなりますね。
そして、介護も発見なのです。
小さな発見があり、驚いたり・・・いろいろです。
お仕事もそうかもしれませんね。
by gutsuri | 2013-03-06 21:53 | 自然とのつながり | Comments(2)