快適な暮らしだけど・・・

昨年新しくしたパソコンの電源が入らなくなって慌てました。

「え!もう、故障したのかしら・・」 

早速、困ったときのサポートへ電話しました。

電話が繋がるまで10分、これって普通なのでしょうね、最近では。

事情を話すと、まず、

「ちゃんとコンセントにつながっているかどうか確かめてください」

そうですね、まずここからです、はい。

「それでは、パソコンをひっくり返して、バッテリーを外してください」

「そして、また、そこへ納めてください」

これで直りました。 


なーんて簡単なんでしょう。 

リセットしたのですね。

パソコン,また、快調に動いてくれています。

良かったです。本当に・・・

我が家ではケーブルテレビの受信機を、時々リセットします。

何かわけのわからないことが起きたときにリセットすると、

すぐに機嫌を直してくれるのです。

そういえばケーブルテレビの受信機は、

パソコンと同じなのだと聞いたことがあります。

私は機械音痴ですが、今の時代はどちらを向いても機械だらけです。

それも小さなコンピューターで制御された機械ばかりですね。

便利な機械に囲まれて、快適な日々を送っている私達。

外は寒いけれど暖かい部屋で、美味しいお茶を飲んでテレビを見たり、

本を読んだり、パソコンをしたり、

家族で笑ったり、喧嘩したり、そしてまた笑ったり・・・

幸せですね、私たちは。

そう、本当に、幸せ。



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/19817411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by blaise-photo at 2013-02-19 11:31
こんにちは

私もソフトのアップデートをした時に不具合が生じて
メーカーやプロバイダーなどに問い合わせをした経験がありますが
ひやひや、ドキドキ、繋がるまでの時間がもどかしかったです

笑ってしまうような結果でしたが、良かったですね
Commented by gutsuri at 2013-02-19 22:11
blaiseさん、こんばんは。

そうです。簡単でした。直って良かったです。
知らないってことはこのようなことを言うのですね。
ひとつ勉強しましたよ。
Commented by relax_naggy at 2013-02-20 09:30
そうですね、本当に便利な中で暮らしています、私達。
それが当たり前になっていて。
ちょっとトラブルがあると、かえってそのことに気づく事が出来るものですねェ。
by gutsuri | 2013-02-18 21:41 | 日常 | Trackback | Comments(3)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri