トイレに連れて行って頂戴

今日は母が何度も「トイレに連れて行って」と私に言いました。

「もうね、歩けなくなったから、そのまま紙おむつの中にしていいのよ」と答える私。

「歩けなくなった?そんなことはない。ほら、手を引いてくれたらトイレまで行けるから・・」

と必死で訴えます。 

昨夜、お腹にやさしい下剤を飲ませたので、母も必死の形相です。

いつもは穏やかに話すと「そうだったね」と納得するのだけれど、

今日は様子が違います。

当然ですね・・・差し迫っているのですから・・・

しばらく付き合おうと傍に座って「うん、うん」とうなずいてみる。

でも、30分経ってもきりがない・・・同じことを繰り返しています・・・

そして我慢しているのです。

話し疲れたのか、いつの間にか眠っています。

ときどきこのようなことがあります。

さて、明日はどうでしょうか。

こればかりは、だんだんと慣れていくしかありませんね・・・


母が転倒してすぐにポータブルトイレを買いました。

木製のしっかりしたもので、介護保険利用で1割で購入できたのですよ。

そのポータブルトイレは3回利用しました。 

その後部屋に鎮座しています。

ベッドからそれに移るのが難しいのです。

立つ力がもうありません。


でもまだ、ヘルパーさんたちが来られた時に

「おはようございます」とか「いらっしゃい」とか挨拶をしたり

帰り際には「ありがとうございました」とか「お世話様でした」とかお礼を言ったり、

ヘルパーさんとの会話が弾んでいたり、一緒に歌う声が聞こえてきたり、

笑い声が聞こえてきたりするのですよ~

ヘルパーさんを心待ちにしている様子が感じられます。

1日に2回来られるヘルパーさんは、寝たきりの母にとっては、

外から吹いてくる新鮮な風のようでもあり、

知り合いがやって来るような感覚で、母が待っているように思えて、

本当にありがたい存在なのです。

皆様に支えられて、在宅介護が成り立っています。

感謝です。


近所の梅
e0288951_1851162.jpg



トラックバックURL : http://gutsuri.exblog.jp/tb/19800257
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by wildrose53 at 2013-02-16 08:09
義父を思い出しました。義父のために買った立派な木製のポータブル、今は義母が夜中用に、部屋に置いて使っています。やがて義母のお世話もさせていただく時期がくるんだなと思いながら、今は外へ出る時間もあり、ありがたいことです。
お母様がご家族やヘルパーさんたちにご挨拶したりお話なさったり、嬉しいことですね。優しいお人柄が周りの方々のお気持にも伝わっていくのでしょう。
梅がもう咲いているんですね。我が家では部屋の鉢植えに紅梅・白梅が咲いて、ちいさな春を楽しんでいます。
どうぞお体お大切に。寒さのあとの暖かな明るい季節が待ち遠しいです。
Commented by blaise-photo at 2013-02-16 22:37
こんばんは
小さな頃からしてきている食べることや排泄などは
認知症が進んでもなかなか忘れないことなんでしょうね
Commented by mie at 2013-02-17 16:29 x
はじめまして
アチコチ寄り道して こちらにたどり着きました
北海道からなので遠かったです 笑

ブログタイトルに 引かれて お邪魔しました
お母様の介護 日々大変でしょう・・と思いきや
前向きに接する姿に敬服しました
私には 主人の親 私の親も他界し 居ませんが
介護の経験あります
4人 それぞれ感謝してこの世を去り
それだけが今となっては救いです

大変な日々ではあるけれど 皆様に助けられて
悔いのない時間過ごされますように・・・
又 お邪魔させてくださいネ

土壌改良の記事 興味深く読ませていただきました
バラ大好きですが なかなか思うように育てられません
北海道の土地柄もあるでしょうけれど・・・
これからも アドバイスお願いします♪
Commented by gutsuri at 2013-02-17 21:13
wildroseさん、こんばんは。
そうなんですよね。
お世話をさせていただくのですって。
お世話をするのではなくて。
wildroseさんは介護の経験がおありだからご存知だとは
思いますが、介護をしていると、知らなかったことが
たくさんあるとわかります、私の場合、何てノホホンとここまで来たのだろうと。
時々慌てますが、退屈しない楽しい毎日です。
お義母さま、まだまだお達者ですね。
Commented by gutsuri at 2013-02-17 21:16
blaiseさん、こんばんは。
なかなかね、切り替えが難しいみたいですね。
大体は物分りは良いのですけど時々わからなくなるんですよ。まあ、そんなものかなって最近は思っています。
Commented by gutsuri at 2013-02-17 21:23
mieさん、ようこそおいで下さいました。

まあ、4人の介護をなさったのですか・・大先輩ですね。私は根がお気楽で能天気なせいか物事がアバウトなのです。母はそのことをよく知っていますが・・
だからこそいつもよりちょこっと自分では頑張っているのです。

後ほどそちらのブログにお邪魔いたしますね。
by gutsuri | 2013-02-15 18:35 | 介護 | Trackback | Comments(6)

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri