百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

在宅介護支援のおかげ

母がベッド上での生活になって3か月目に入りました。

私の介護生活も3か月目に突入です。

今は在宅介護の支援が整っているので、

私自身がすごく忙しくて介護の負担が大きいということはありません。 

いろいろな方々が支援してくださいますから、本当に助かっています。

毎日来て下さるヘルパーさん、週に2回のリハビリ、週に一回の訪問入浴、そして、隔週の往診などがあり、

わからないことや心配なことはその都度聞いて対処できますからね。

有難いことです。

ただ、当然のことですが、外出が限られてきます。

外出しても家のことが気になって、知らないうちに急ぎ足になっています。

でも、自宅での自由な時間はたっぷりあるのです。 

自分でも驚いていますが・・

この自由な時間、今は土いじりを楽しんでいます。

庭にいても時々窓からのぞきこんで、母が何をしているか確かめていますよ。

外からのぞくと、母も「何なの?」という顔で見返したり、

笑顔だったり、ウトウトしていたり・・・

午後の柔らかい日差しの中で気持ちよさそうにしています。

私は外で、時折鼻水さえ垂れてきそうなほどの寒さの中ですが、

膨らんでくる新芽を眺めたり、

クロッカス、ヒヤシンスなどの球根の芽が伸びてきているのを見ています。

このような寒さの中でも春を感じてチャーンと芽を出してくる植物。

やっぱり春は近いのですね。

植物が教えてくれています。


鶴岡八幡宮の寒牡丹
e0288951_22484340.jpg


e0288951_22493763.jpg


今日の夕日
e0288951_22501493.jpg





Commented by blaise-photo at 2013-02-12 22:16
こんばんは
庭の土いじりせリフレッシュですね
ほのぼのとした光景が目に浮かびます

↓コメント:優しいお気持ち、ありがとうございます
Commented by gutsuri at 2013-02-13 13:38
blaiseさん、こんにちは。
土いじりは楽しいんですよ。
不思議と心が落ち着いてくのです。
ときどき顔を出すミミズに話しかけています。
by gutsuri | 2013-02-11 22:54 | 介護 | Comments(2)