百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

ひざに溜まった水を抜く

先週から母がひざの痛みを訴えていました。

ヘルパーさんたちはさすがに手際が良いので、それほど無理なく世話をされます。

膝の痛みの訴えがだんだんと強くなり、

私が見ても右ひざの方が腫れて大きいことが分かります。

昨日、先生に往診に来ていただきました。

右ひざに水が溜まっていたらしく水を抜いていただきました。 

少しは楽になったようです。

足を動かしていないから関節が硬直する・・・

ベッド上での足の位置を無理のない姿勢で保つようにと言われ

ひざ下にタオルを丸めたものを置いています。

そして少し足をさすってみようかなと思いました。

以前買ったリフレクソロジーの本を見て、やさしく撫でてみようかなと思っています。

マッサージの方にも要領を聞いて試してみようと思います。

上手くはないでしょうが、手当という言葉もあるくらいですから、

手を当てるだけでも気持ちが和らぐかもしれません。


2月になり、母が百歳になるまであと半年を切りました。

内科的な病はないので、皆、「大丈夫よね」と言います。

私も「大丈夫よ~無事に百歳を迎えられるわよ。」と母に話しています。

母は頷いていますが・・・


鶴岡八幡宮の寒牡丹

e0288951_17305223.jpg


e0288951_17311893.jpg


e0288951_17315682.jpg




Commented by winedelunch at 2013-02-06 17:56
gutsuriさん、こんばんは。
現場の生の声、なるほど、です。
寝たきりになると、様々なケアが必要で、時に思いもよらないことも起こるのですね。
スキンシップはいいと、聞きますね。手の温もりって大事ですね。

お母様、本当に100歳まであと少し、ですね!
今からその日が楽しみです。
Commented by gutsuri at 2013-02-07 11:08
winedelunchさん、こんにちは。
高齢者相手のケアは気を使います。
認知症も入っていて適切な言葉を選んで話ないから
でもしっかりしているところもまだあるから、言っている内容を
どこまで信じていいのか、考えることがあります。
日々を快適に過ごしてほしい、たまには喜びを感じてほしい
それだけなんですけどね。
Commented by blaise-photo at 2013-02-07 22:33
こんばんは
100歳まで半年をきられたんですね
一世紀を生きるって自分には想像もつきません
膝の痛み、どうぞお大事に
gutsuriさんの優しい手で楽になると思います
Commented by gutsuri at 2013-02-08 10:15
blaiseさん、おはようございます。
何かの本で人間は百歳まで生きられるように作られていると
読んだことがありますので、それではそのように・・
母は丈夫な身体を持っていて、今の世は食べ物にも情報にも
恵まれていますからね。
この冬もそろそろ終わりです。春はすぐそこですよ。
by gutsuri | 2013-02-06 17:35 | 介護 | Comments(4)