百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

体圧分散マット

毎日24時間ベッドの中で過ごすようになると、

どうしても床ずれのことを考えてしまいます。

ベッドでの生活は一か月半になりました。

体圧分散のエアマットなのですが、寝たきり状態では気をつけるに越したことはありません。

母が太っていること。 普通の人以上に負荷がかかっているのだろうと思います。

そして99歳という年齢ですから代謝が落ちていますし・・・

着替えの時にヘルパーさんに背中や腰をボディーローションをつけてマッサージして頂いています。

母は、こちらがやりやすい姿勢を取ってくれないので、出来る範囲でしています。

母は気持ちよさそうにしていますよ。

私が出来ないところはヘルパーさんにお願いしています。

時々ベッドの中で、「さあ、今からトイレに行ってくるから。」などと言います。

「どうやっていくの?」と聞くと

「歩いていくのよ。」などと答えています。

歩けると思うときがあるようですね。

願望と現実がミックスされています。


今日はお日さまが出て暖かい日でした。

バラ講座で習ったように小さな枝、古枝などを切り落としてすっきりしました。

枝ぶりが整ったように思いました。

日差しは春のようです。

日の入りも随分遅くなりました。


e0288951_171171.jpg

今日の夕空
e0288951_1712714.jpg




by gutsuri | 2013-01-24 17:05 | 介護 | Comments(0)