百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

今日は冬至

今日は冬至です。

太陽が最も南寄りになります。

明日からまた太陽は逆戻りして北寄りに動き始め、

夏至の日に最も北寄りになります。

そして次の日からまた逆戻りして、今度は南寄りに動いていきます。

出発点は冬至と夏至。 

太陽はこの間を行ったり来たりしているわけです。

私が住んでいる所は、

秋から冬にかけて夕日がきれいに見えます。

夕日が沈む位置がだんだんと南へ動いていき、

冬至を境に今度は逆方向に動いていく。

背景の景色と夕日を見比べると、

夕日の沈む位置がずれていく様子が手に取るようにわかります。 

一週間でかなり移動するのです。 

面白いですよ。


出発点は冬至と夏至。

冬至の日から太陽が出ている時間は少しずつ長くなっていきます。

植物は敏感にこれを察知することでしょう。

春からの芽吹きに備えて、地面の下で根っこを張ります。

地上部は寒さで元気がありませんが、地下では活発に活動をしています。

立春になると日差しは強くなり、枝に新芽の準備が出来てきます。

春になり葉が出て花が咲きます。 

生命力が全開です。

そして6月の夏至。 

この日から太陽が出ている時間が短くなっていきます。

地上部では葉も花も盛りですが、

植物は結実、収束の準備に入ります。

そして実を結び、また冬至がやって来ます。

冬至と夏至の間を行ったり来たり。

小さな庭を楽しみながら、夕日を楽しみながら、

その変化を楽しんでいます。

だから冬至の今日は、新しいスタートだと思っています。

植物も私も太陽と共に生きていますからね。

Commented by blaise-photo at 2012-12-22 08:30
おはようございます
冬至と聞くと
これからどんどん寒くなる~(ぶるっ)
っという感じでしかなかったのですが
記事を読ませて頂いて、なるほどねぇ・・・と思いました
自然の中に生かされているんですもんね
Commented by gutsuri at 2012-12-22 20:31
そうなんですよね。
母なる地球は勿論、私たちも太陽系に属しています。
やはり、何と言ってもお日さまですね。
by gutsuri | 2012-12-21 22:43 | 自然とのつながり | Comments(2)