百寿者と一緒の暮らし gutsuri.exblog.jp

介護の極意は喜ばせること。2013年7月に満百歳になった母と共に花や音楽から元気をもらっています。無農薬、無肥料でバラを育てています。母は2016年11月に103歳4カ月で旅立ちました。。


by gutsuri

99歳で要介護1です

今日は良いお天気でした。

薄曇りで、富士山はぼんやりとしかみえませんでしたが、

気持ちの良い秋の一日です。

カメラを持って近所をお散歩です。

写真はたくさん撮ることが上達の第一歩だそうですから、

充電はしっかりとしましたよ。

歩いていると汗ばんできます。

犬のお供がちょっとうるさく感じますが、

一人で散歩するよりお供がいたほうがいいですね。


昨日は母と出かけたので、母が疲れているのではないかなあと気になったのですが、

今朝は母は元気で新聞を読んでいました。  

さすがですね~

先日の介護認定では、

母がまだしっかりしていて元気だと周囲が認めたので

「要介護1」の決定が出たのだと思っています。

99歳で要介護1ですよ・・・

私はこれが追い風として母を応援してくれるようになることを期待しています。

今の母は要介護1の状態であり、

歳は取っていてもまだまだ大丈夫だということ。

引き寄せの法則というものがあるのなら、

「要介護1」に見合った健康を、母が引き寄せていることになります。

「要介護1」という状態を宇宙に発信して、そしてそれに見合った元気な身体を母が受け取る。

なんと素晴らしいことでしょうか。


もし「要介護2」になっていたら、

気持ちの上で「やはり老化は進んだのね。」と納得して

身体もそれに沿って老化し、老化の相乗効果になったかもしれません。

「要介護1」で良かった。 本当にそう思います。

さあ、この冬も無事に乗り切りましょう。


e0288951_17481370.jpg


e0288951_2247988.jpg


e0288951_2248728.jpge0288951_22481813.jpg

by gutsuri | 2012-10-26 23:11 | 介護 | Comments(0)